アイピル通販前のチェック項目3選(即効性・通販・安価)

アフターピル(緊急避妊薬)は急に必要になるのが一般的ではないでしょうか。病院での処方は時間がかかる事から緊急時には間に合わない可能性があります。

ゴムの付け忘れ?妊娠してしまうような行為は次の生理日まで不安な日々となるのではないでしょうか?

そんな事が無いように危険は性行為をする傾向のあなたは常にアイピル(アフターピル)の携帯を忘れてはいけません。

アイピルは1錠避妊
アフターピルは世界共通(正規ジェネリック・アイピル)

アイピルの即効性

アイピルなどのアフターピルは1錠の服用で効果があります。低用量ピルの避妊薬との違いは1度で効果があります。
副作用の心配はありますが海外では2回(2錠)飲むことで妊娠防止を100%にする人もいます。
24時間以内アイピルを服用すれば99.5%の避妊率となりますが100%ではありません。
これはその日の体調などで十分に成分が体に吸収されなかったり、下痢などお腹が下ってしまった場合などは特に十分に効果を発揮できない事があるようです。

通常は1錠で効果は十分に発揮しますのでご安心ください。

アイピルは病院処方と同じ成分の正規の通販ジェネリック

72時間以内のアイピル

アイピルは通販で購入ができる、緊急避妊薬(アフターピル)として避妊失敗と思われる時に服用出来れば、殆どの場合は妊娠の可能性を無くしてくれます。

ただし、結構シビアな時間制限があります。

服用から24時間以内ならば95%の確率で避妊が成功します。

残念ならが100%ではない理由は一般的には服用後に気持ち悪くなり吐いてしまったり、下痢など胃の調子が悪く医薬成分が十分に吸収されずに排せつされてしまったり、、、等があります。

ですので、きっちりと服用が出来ていれば問題なく避妊ができるはずです。

アイピルの服用リミットは72~120時間?

120時間以内でもアイピルの避妊

緊急避妊薬として効果が確認されている有効時間は72時間がと言われています。これは性行為から72時間以内ならば、かなり高い確率で妊娠を防止する事が出来ます。
ですが、72時間を超えても全く効果が無い訳ではなく、一定の妊娠を防止する効果はあるようですが、妊娠を回避するにはかなり低くなるようです。

アイピルの妊娠防止率としては72時間を超えてからは臨床試験結果としてエビデンスがありませんが120時間以内でも以下のような効果はあるとも言われています。

・24時間以内の服用の避妊率:95%
・48時間以内の避妊率:98%
・72時間以内の避妊率:97%

・72時間~120時間以内の避妊率:63%

例えば4日目(96時間)を超えたあたりの妊娠防止率が63%%と聞きますと、10人中4人が妊娠してしまうのではないかと考えるかもしれませんが、妊娠防止率は考え方が違います。通常、避妊をせずに性行為をしたからといって必ずしも100%妊娠するわけではく、逆に妊活で苦労している人もいる位で簡単には妊娠は出来ない場合もあります。
あくあでも、確率のお話ですので、実際はアイピルを~120以内に服用出来ていれば避妊率はかなり高まると考える事も出来ますので諦めないでお試しください。

しかしながら、それでも緊急避妊薬は性行為から服用までの時間との戦いとなります。

緊急避妊薬は病院にもない場合があり

失敗したかも?5日以内ならアフターピル

アイピルは正規のジェネリック薬品で通販購入が可能ですが、一般的に病院で処方さるお薬は「ノルレボ錠」と呼ばれる製品となるかと思います。

しかしながら、必ず在庫がある訳ではないようですし入手には病院の営業時間を待たなければならなく、時間制限と避妊効果の関係上、1秒でも早く服用する必要がある事からも間に合わない可能性もあります。

この「ノルレボ錠」の成分は「レボノルゲストレル」が1.5MGの成分量で、アイピルとまったく成分及び成分量となっています。

また、緊急避妊薬は他にも種類がありますが、日本で唯一、販売が許されているのがこの「レボノルゲストレル」成分となっています。

このアイピルは正規のジェネリック薬品として販売されていますので、出来れば常に常備しておくことをおススメしたいです。

アフターピル(緊急品薬)と通常ピルの違い

アフターピルと通常のピルの違いは難しくはありませんが、普通の人はあまり利用する事もないので知識が乏しい人が多いのではないでしょうか。

アフターピルは緊急避妊薬として、性行為の最中にゴムが取れてしまったり、誤って中に出してしまったりし、妊娠の危険性がある時に1錠飲むだけで妊娠を回避する事が出来るお薬です。

これに対して通常のピルは毎日飲み続ける(正確には21日/月)事で、基本的に妊娠をしなくなる女性環境を整える効果があります。

通常のピルは近年では低用量ピルとして副作用が起きにくくなり、美容系クリニックでも服用する事で、ホルモンバランスが調整されニキビが改善されるなどお肌の調子が良くなったり、生理痛の改善など副次的な効果を得るために積極的に利用されるようになっているようです。

アフターピルは保険適用外なので高額

費用が気になるなら正規のアイピル・ジェネリック

アイピルは通販で安価に購入が出来ますが、残念なことに病院処方でのアイピルのようなアフターピルは、保険適用ができないので実費の費用がかかります。

病院の場合の費用は2万~3万円位と費用にばらつきがあるようです。

これと比較してネット通販ですと「1300円~」位からと、凄く安価に入手が出来ますが、残念なことに必要になってからだと時間的に間に合わないデメリットがあります。

通常は海外から医薬品を個人輸入として購入する場合は最低でも2週間位の期間が掛かりますので、予めご購入しておいて長期品質を保てるように冷蔵庫に保管しておくと良いでしょう。

いざ、必要になったり彼女と一緒に自宅の冷蔵庫まで取りに行けば十分に間に合います。

気になるアイピルの副作用

アフターピルのアイピルの副作用としては、吐き気、めまい、腹痛などが起きる事があるようです。

症状としては個人差はありますが、注意したいのは服用後は最低2時間は絶対に吐かないようにする費用があります。

服用してから吐いてしまうと避妊効果の成分が体に吸収されない可能性がありますので、十分な効果がない可能性があります。

もしものために、1箱(1錠)だけでなく複数個の常備もご検討ください。

参考:
緊急避妊薬 – Wikipedia
経口避妊薬 – Wikipedia
レボノルゲストレル – Wikipedia

タイトルとURLをコピーしました